投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

飽食の新時代。

イメージ
今度は河村さんのお母さんと3歳になる娘さんがぐちゃぐちゃに潰されて火で熱せられて完全に固まってしまう前に炊きたてのボルボラをよそった丼に載せられて『親子丼』として客へ提供されていった。河村さんのお父さんは北田さんのところの12歳になる息子さんとぐちゃぐちゃに潰されて火で熱せられて完全に固まってしまう前に炊きたてのボルボラをよそった丼に載せられて『他人丼』として隣の客へ提供されていった。

北田さんのところのご主人は肛門に炊く前のボルボラとその他食材を詰め込まれて腹がパンパンになった状態をオーブンに入れられて、全身まんべんなく焼かれて焦げ目が付いたあたりでパーティー会場へ運搬されていき、シェフ自ずから客前で北田さんのところのご主人を器用に捌いて見せて客は舌なめずりをした。その隣では漁師が河村さんのところの9歳の息子さんの解体ショーを行いパーティーを盛り上げた。ちなみに北田さんのところの2歳になる娘さんは輪切りにされて骨付の状態で熱した平鍋の上に並べられ、赤い色をしたアルコホールを高い位置から落とされると平鍋のアルコホールは引火し、娘さんの肉片は豪快な青色の炎に包まれた。この瞬間、場内は一層盛り上がり、大量のカメラのフラッシュが眩しく瞬いた。

要するに河村さんとこと、北田さんとこは全滅した。

場所を変えると小岩井コーポ全24戸在住の成人女性は全員大きな小屋の中で各自柵に入れられていて、両乳に漏斗状のメカを装着されている。漏斗状のメカはホースで大きなタンクにつながっており、定時になるとタンク内の気圧がゼロ、真空になるから自動的かつ乱暴に搾乳が始まり、その時間になると小屋は悲鳴で溢れかえる。ちなみに小岩井コーポの男衆は捌かれて冷凍室に保管されていたけれど、その中の1体からややこしい病原体が発見されてしまい全体始末された。

かつて鯖沼ダイビングスクールがレッスンを行っていた海には鋼鉄糸の網で生簀が作られており、明日は大量のダイバーたちが引き揚げられる予定だ。その模様をテレビクルーが取材しており、活きのいい長嶋さんを漁師がその場で捌く。ウェットスーツを器用に剥がして内臓を取り除き、潮水でさっと洗ったものをレポーターがそのまま食べる。レポーターはおもしろコメントに定評があるから、長嶋さんを食った感想を笑いたっぷりでお送りするだろう。長嶋さんはかつては某広告代理店の管理職であった。…