投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

芦屋市某町で最も栄誉ある音楽賞、ヒロニー賞2011発表。

イメージ
さて、今年もやってまいりました。ヒロニー賞2011の発表を行いたいと思います。
ヒロニー賞は、2011年1月1日以降に僕のパソコンに追加された曲の中から、年間を通じてiTunesおよびiPodでの再生回数の最も多かったアーティストに贈られるという、芦屋市某町における最大の音楽賞です。

受賞資格は下記の通りです。
1)僕のパソコン(iTunes)に入っていること。
2)追加日が2011年であること(発売日が2010年以前でも追加日が2011年以降であれば受賞資格有り)
3)プロ、アマ問わず。
昨年は「楽曲」に対して贈られたヒロニー賞ですが、今年を集計したところ、10位以内に同一アーティストの楽曲が7曲も入ってしまうという異常事態になってしまったため、今年は再生回数ベスト100に入った楽曲の再生回数を、アーティスト別に集計し、『最も再生された10アーティスト』の発表に変更しました。

では早速発表に移ります。本場グラミー賞とは違い、ヒロニー賞はランキング形式でベスト10をお送りいたします。

それでは、参りましょう。

第10位:Mat Kearney

【合計再生回数:86回『Sooner or Later』(12月21日 追加)

《寸評》
突如として現れた、正体不明の男性シンガーソングライター、Mat Keaney。なんと読むのかもわからない。前情報も全くなく、このまま彼を知らずに年を越しても不思議ではなかったはずなのに、まさかのランクイン。それもそのはず、2011年デビューのぴっかぴかの剥きたまご。デビューアルバム『Young Love』も別段iTunesランキングに入ってきたわけではない。それなのにどうしてここまでの再生回数を記録したかというと、それはGoogleさんが年末に発表した『Zeitgeist 2011- Year In Review』という動画のおかげである。この動画のBGMがMat Kearneyの『Sooner or Later』なのである。僕はこの動画に衝撃を受け、そして、なんだこの素敵な音楽は…と感動し、そしたらもう、キャプションに書いてあって即購入。そこからは伝家の宝刀「1曲リピート」で聴くに聴きまくったら、たった5日間でベスト10入りしたのである。

声が、ColdplayのChris Martinに似ているのがよかったのか、この心揺さぶるコード進行…

どうしてこうなる?

イメージ
Facebookを見ていて、大好きなバンド、Coldplayがなんか動画をアップしていた。こんな感じで。




説明の欄に『Feist: How Come You Never Go There. Beautiful. Will』と書いてある。
iPodのCMソングを歌って一躍人気になったカナダの女性シンガーソングライターに「Feist」という人がいるので、どうやらこの動画は自分たちの新作とかではなく、Feistの『How Come You Never Go There』という曲のPVかなんかであり、それが「Beautiful」なのだと言ってるんだなぁというとこまではなんとなくわかったのだけど、最後の「Will」ってなんだろうと疑問に思った。

そこで、説明書きの下にある「翻訳を見る」をクリックしてみる。最近のFacebookはなんとも気遣いができるというか、痒いところに手が届くなぁ、僕らのように外国語を解さない三流階級のために、外国語を『翻訳』してくれるだなんて、嬉しいなぁと思ってクリックしてみると、こんなことになった。




唐突に現れた「安室奈美恵」


どうしてこうなる?


追伸、もちろんFeistは安室奈美恵ではない。





2種類のランキングに参加中です。