投稿

12月, 2012の投稿を表示しています

芦屋市某町で最も栄誉ある音楽賞、ヒロニー賞2012発表。

イメージ
さて、今年もやってまいりました。ヒロニー賞2012の発表を行いたいと思います。
ヒロニー賞は、2012年1月1日以降に僕のパソコンに追加された曲の中から、年間を通じてiTunesおよびiPodでの再生回数の最も多かったアーティストに贈られるという、芦屋市某町における最大の音楽賞です。

受賞資格は下記の通りです。
1)僕のパソコン(iTunes)に入っていること。
2)追加日が2012年であること(発売日が2011年以前でも追加日が2012年以降であれば受賞資格有り)
3)プロ、アマ問わず。
今年も昨年同様再生回数ベスト50に入った楽曲の再生回数を、アーティスト別に集計し、『最も再生された10アーティスト』の発表となります。

それでは、参りましょう。

第10位:Sean Paul 【合計再生回数:84回

『She Doesn't Mind』 / 1 song nominated

《寸評》
ショーンポールって、15年ぐらい前のデビュー当時は「イケメンレゲトン」として鳴り物入りだったのにさ、もう顔パンパンやないのんさ。なんでこう、一世を風靡した人間はおっさんになると顔パンパンになるのかなぁと思って見て気付いたのは、別に一世を風靡しなくても誰もが華麗とともに顔パンパンになっていくという事実と、僕もちっとは顔パンくらいになりたいよなぁという悲哀。
ちなみにこのPVに出てくる女性はみんな細すぎず健康的にセクシーでいいですね。外国ではガリガリのモデルは使うなとか、そういうことを言われ始めていて、いよいよガリガリの人権は風前の灯火。ガリガリの喫煙者なんて、もう河原で暮らせとか言われるようになるのかなぁ。なんか、悲しくなっちゃった。


第9位:Mariah Carey 【合計再生回数:106回

『Hero』 / 2 songs nominated

《寸評》
いくつになっても変わらないことを「三つ子の魂百まで」と言うけれど、やっぱりマライア・キャリーを見ると勃起するっていうか、セックスシンボル的な印象は変わらないままである。たぶん初めてマライア・キャリーを知ったのは小学校だったか中学校だったかのクリスマスソングで、そのときもきっと思春期真っ只中だった僕は勃起したんじゃないかなって思う。その後、別ルートで好きになったエミネムとマライア・キャリーが付き合ったっていう話を聞いたときは、「うほ…

Jack in November

イメージ
毎年11月11日、神戸市中央区の歓楽街、三宮のとあるクラブで大規模なブラックジャックの大会『Jack in November』が開催される。

ブラックジャックはトランプを使った有名なカードゲームでルールは様々あるが、まぁYouTubeの動画なんかでどういうゲームかは確認してもらうことにして、この大会では二人の人間が毎回ディーラーとプレイヤーとに分かれて1対1で対決することになる。Jack in Novemberでは、クラブ内の至る所に並べられたテーブルを使って、いや、別に床でもいいしトイレでもいいのだけど。とにかく至る所で参加者がゲームを行う。

この大会のルールは下記の通り。

○勝者は、敗者から「サイン」を受け取ること。(参加者の中で「サイン」が一番多い人が優勝)
○敗者は、勝者に1度だけ再戦を要求できる。
○再選を要求された勝者は断ることはできない。
○初対決でのディーラーとプレイヤーはじゃんけんで決める。(勝った方がディーラー、負けた方がプレイヤー)
○2度目の対決では初戦の勝者がディーラー、敗者がプレイヤーとなる。
○同一相手との3回以上の対決は禁止。
大会は20:00に始まり、22:00で終了する。対戦は誰かに声をかけることから始まるが、ルールの通り、たくさんの「サイン」をもらわないと優勝できないため、優勝を目指している人たちは我先にと弱そうな人間に声をかけ、カモにしていく。しかし同一の相手との3回以上の対決は禁止されているため、大会時間が2時間ともなると、結局広範囲の参加者と対決しなければならない。優勝者には賞金21万円が与えられる。

優勝者以外には別段特典も副賞もあるわけではないので、一部、優勝に向けて血眼の参加者もいるが、だいたいの参加者は単純にブラックジャックを楽しみにきているだけ、もしくは別の目的で参加している人も多い。

同一の相手との再戦が2回までとされるルールは、この大会が『社交場』としての機能を果たし始めてから追加された。少しでもたくさんの人と対戦できるように、要するに、カードゲームをしながら、知り合いを増やしていくという楽しみ方もできるのである。異業種の仕事に従事する知り合いを増やしたり、単純に友達を増やしたり、あるいは男女の出会いの場として利用している者もいる。

僕はひょんな伝手でこのイベントについて知り、そして今ここにいるのだけど。

「めーっちゃ…