2.13.2011

ええ女の条件。

Check  
日付の変わる少し前まで、大学時代の旧友達と中華料理店にて、美味い酒、旨い食事を飲みかつ、これを食らい、和談に花を咲かせていた。僕としては珍しいというか久方ぶりの友人達との触れあいの場であり、とても楽しかった。

さて、そんな楽しい酒宴の席で、僕は「ええ女」というものに出会ったので、忘れないように、酩酊してはいるけれど、ここに記しておこうと思う。

ええ女は突如現れた、というと、さっきまでいなかったええ女が、遅参もしくは呼んでもいないのに現れたと受け取られるかも知れないが、そういう意味ではなく、その女は酒宴中ずっと僕の隣にいて、ずっと和談に参加していたのだけれど、その女が「ええ女」であるということが、突如判明したという意味である。もちろん学生時分の旧友である。全員皆ええ人、ええ友達、女も皆ええ女である。しかし、僕がその女友達に対して抱いていた「ええ度」が飛躍したのである。

話はちょうど僕が「デアゴスティーニやないねんから」というツッコミを入れたところから始まる。酒宴も佳境を超え、そろそろ最終電車が近いという折、なにかの拍子に僕は「デアゴスティーニやないねんから」とツッコミを入れたのだけど、そしたら隣に座っていたY氏がいきなり、それはもう、本当に「いきなり」と言う他ないくらいいきなり、「私、デアゴスティーニ買ってるねん。『チキュウノコウブツ』と言い放って、場は消沈した。

その時その場にいた全員が、一瞬にして同じことを思っていた。


「チキュウノコウブツってなんじゃぇ?」


するとY氏はまるで、「世界中のみんなが知っているのに、あなたたちだけはそれを知らないのか?」とでも言いたげな、不思議そうな顔で、言った。

「石、隔週で、石が送られてくるやつ」と。


デアゴスティーニを知らない人はさすがにいないと思う。2週間に一度、デアゴスティーニ社より、おまけ付きの雑誌が送られてくる。例えば「週刊フェラーリ」みたいなものだと、毎号毎号フェラーリの概要、詳細、歴史などを記した雑誌と共にフェラーリのプラモデルを構成する部品がひとつびとつ送られてきて、最後まで購入したものは、フェラーリの精巧なプラモデルの完成形を手にすることができるというものである。僕もかつて、『隔週刊 Xファイル DVDコレクション』なるものを定期購入していた時期があり、その節は毎号毎号、Xファイルという海外ドラマの2話分が収録されたDVDが送りつけられてきていた。

デアゴスティーニには多種多様な「週刊もの」がある。『隔週刊 パッチワーク』『隔週刊 NHK 名曲アルバム CDコレクション』『週刊 戦国甲冑をつくる』『隔週刊 日本の古寺・仏像DVDコレクション』『週刊 マクラーレンMP4-23』『隔週刊 鬼平犯科帳DVDコレクション』『週刊 航空母艦 赤城を作る』『週刊 江戸』『隔週刊 東宝特撮映画 DVDコレクション』『隔週刊 Xファイル DVDコレクション 改訂版』『週刊 ディズニー・ドリーム・ファイル』『週刊 エヴァンゲリオン・クロニクル 新訂版』『週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版』『隔週刊 落語百選 DVDコレクション』などなど挙げればきりがない。

そんな中、Y氏は『チキュウノコウブツ』なるものを定期購読しているというのである。Y氏によると、「1ヶ月に2回、石が送られてくるねん。ルビーの原石とかあるねん。」とのこと。調べてみれば、あったよ、『隔週刊 地球の鉱物コレクション』てのが。

隔週刊 地球の鉱物コレクション

そこからのY氏の話は、にわかには信じがたいものであった。

Y氏曰く。

「1ヶ月に2回、鉱物(石)の入った雑誌が送られてくるのだけれども、最初の方こそわりかしキレイな石が送られてきてやったー、うれしいな、うれしいな、と思っていたのに、最近は『黒いマグマ』『白いマグマ』『白黒はっきりしないマグマ』など、全然華やかではない石ころが次々と送られてきていて残念で仕方がなく、また、届いたときに石にきちんとシールを貼っておかないと、黒い石などは山のように届くから、それがどの鉱物なのか、わからなくなるし、ルビーの原石が届いて嬉しかったけれど、大部分は真っ黒の普通の石で、そこに申し訳程度に赤いホクロのように、石が佇んでいるから残念だった」

とのこと。

僕らは彼女の話を聴きながら思った。

「この子は何を言うているの?」と。

そもそもY氏が鉱物に興味があるなんて、付き合いも10年になるが全く知らなかったというのが1つ。あと、デアゴスティーニにありがちな現象として、「最初の方は買ってたけど、段々買わなくなって、最終的に忘れる」というものがあるし、そんな、『黒いマグマ』『白いマグマ』『白黒はっきりしないマグマ』なんかが送られてきたら、これはもう完全にデアゴスティーニサイドに「いいようにされている」状態であり、黒い石、黒い石、黒い石、白い石、黒い石、灰色の石、と続いて送りつけられたら、通常の神経であれば激怒。「こんなもんはもう要らんわい!」と言うて、解約。浮いたお金でファッションを充実させましょかしら、それともおいしいモンを食うてこましたろかしら、となりそうなところを、なぜ解約しないのだろうというのがもう1つあった。

絶句する僕らを不思議そうに眺めるY氏の目線から逃げつつ、残された僕らはこの2つの疑問に、強引にでも納得できる理由をつけようというアイコンタクトをとり、ひとまず「鉱物が好きだっただなんて知らなかった」という点については、「いかな友達と言えども、知らないことはある」という理由をつけて落ち着けて、次の「なぜ解約しないのか」に話を進めることに、無言で合意した。

そこでXファイルを購読していた僕が「そっか、あれやろ? クレジットの自動払いになってるんやろ? あれって解約しにくいんよな」とY氏に、内角低めで投げかけたところ、Y氏はそれをいともたやすくジャストミート、打球はそのままレフトスタンドに突き刺さった。


「いや、毎号ついてくる振込用紙で、その都度支払ってるよ、コンビニで」


僕達は思った。

「この人、ホントになに言ってるの?」と。


人には人の好きなものがあって、Y氏は鉱物が好物である、それはいい。でも、自分の口で、『黒いマグマ』『白いマグマ』『白黒はっきりしないマグマ』と続くとつらい」と言うのだから、だったら解約すればいいじゃないか、それが解約しにくいもの、手続きが煩雑で、ついうっかり解約し損ねているものなのであればまだしも、コンビニ払いという、むしろ支払いの方が煩雑な作業なのであれば、支払わなければもう送られてこなくなるわけで、じゃあそうすればいいじゃないか、だいたい…

くらいのタイミングで、Y氏は続けるのである。

「なんかさ、もう80個ぐらい、石があるから、置き場所に困ってるねん」と。


僕達は思考を遮って、声を揃えた。

「はちじゅっこ!!」

Y氏のもとに毎月届く石の数は2個である。石が80個届いているということは、すでにY氏は40ヶ月、つまり3年と4ヶ月、Y氏は石を受け取り続けているのである。そして、そのうちのほとんどは、『黒いマグマ』だとか『白いマグマ』だとか『白黒はっきりしないマグマ』だとか、その辺に転がっている石とほとんど変わらない石なのだという。ちなみに、このシリーズは100号まで続くんだという。

というか、というか、というかさ…

「というか」

僕はあわてて訊いた。

「この3年4ヶ月の間、オレら、何回か会ってるよね? その時、そんな話いっこも出てけぇへんかったやん?」と。

するとY氏は「うん、言うてないよ」とニコニコしている。

言わね? 普通、言わね? オレだったら言うなぁ。「オレさ、今、石買ってんだ、石。んでさ、『黒いマグマ』『白いマグマ』『白黒はっきりしないマグマ』が届いて参っちゃってんだよ」って、オレなら言うよ。

すでに、弁護士のI氏が笑いすぎて腹を押さえて泣いている。

雲母
Y氏からはさっきまで、バイオリンを習い始めたこと、婚活がうまく行かなくてげんなりしていること、マンションを買おうと思っていることなど、たくさんの話を聴いてきた。けれど、僕が「デアゴスティーニやないねんから」とツッコミを入れなければ、『隔週刊 地球の鉱物コレクション』の話は絶対に彼女の口からは出てこなかっただろうし、だからといって彼女は意識的に黙っていたわけではなくて、本当に、自然に、当たり前のように『隔週刊 地球の鉱物コレクション』を受け取っては、コンビニで支払いをし、給料日前には「この2,000円はイタイ」と嘆きながらも、それでもコンビニで支払いをし、『黒いマグマ』『白いマグマ』『白黒はっきりしないマグマ』などを、同梱されてきた収納棚に収納しているのである。しかしながら、彼女は鉱物にハマっているわけでは決してない。知識も僕らとほとんど変わらない。曰く、「雑誌を読んだそばから忘れる」のだそうだ。無理もない、興味がないのだもの。「雲母(うんも)とか、送られてくるんやで、もう…」と嘆く彼女。「雲母なんて、理科ぶりやわ」と驚く僕達。

Y氏は言った。

「マンション買ったら、石を飾れる棚を買うんだ」と。

その棚には、アメジストやルビーの原石が並び、それよりも圧倒的多数で黒と白と灰色の、雲母やマグマが並ぶのだろう。100個。


驚くと同時に、僕は思った。
「この女、ええ女や」と。

わかる人にわかれば、それでいい。



人気ブログランキングへにほんブログ村 その他日記ブログへ
2種類のランキングに参加中です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

0 コメント:

コメントを投稿