11.15.2010

対比、そう、これは対比を楽しむ曲なのである。

Check  
EminemがLil Wayneとコラボした『No Love』という曲のPVが公開された。
このLil Wayne、今をときめく人気者で、マドンナともコラボしたりしてるし、今やかなりの売れっ子ラッパーなのだけど、いかんせん悪童で、しょっちゅう逮捕されている。しかし売れっ子なので、逮捕される度に仮釈放を申請し、仮釈放中に色んな人のレコーディングに参加してる。なんとなく「仮釈放中くらい、ゆっくりさせたれよ」とも思うけれど、まぁ自分で撒いた種なんやからしょうがないか。

それにしても、Lil Wayneみたいなラッパーが人気になるっていうのも時代なのかなと思う。だって、この人の声、もう死にかけのお爺ちゃんやねんもん。一昔前なら「不快だ」とバッサリされてたのかもしれないけれど、変わったんだなぁ時代って。んで、一生懸命彼のリリックを訳してみると、結構ポエティカルというか、なんかアカデミックなことを言うてたりするんよね。いすれにせよ、目の話せないラッパーではある。

んで、この『No Love』という曲のPVを見てみると、そんな死にかけのお爺ちゃんみたいなマッタリ感あふれる、ガサガサ声のラッパーと、クリアリーで、高速ラップが売りのEminemの対照性というか、陰陽感、プラスマイナス感が、曲に抑揚を与えて、後半に向かうにつれ、次第に盛り上がっていくんだなぁということがわかる。
前半で、Lil Wayneがまった〜り、不気味な呪文みたいなラップを繰り広げ、後半で、Eminemのハキハキして力強い畳みかけるようなラップが勢いづける。なに言ってんのかはわからんけど、『熱さ』はひしひしと伝わってくる。
曲だけを聴いているとあんまり気付かなかったけれど、こうやってPVで見ると、初めてわかる部分もある。音楽は目で見るとさらにわかりやすいと思うから、僕はビデオクリップが好きなのである。

『No Love』 / Eminem feat. Lil Wayne


ちなみにYouTubeに、Lil Wayneがファンに向けてメッセージを送っている動画が載っている。

それがこれである。




声、ちっちゃ…

『No Love』



人気ブログランキングへにほんブログ村 その他日記ブログへ

 ↑2種類のランキングに参加中です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

0 コメント:

コメントを投稿