11.23.2010

兄さんのiPadがiOS4.2にアップデートされて、夢、膨らんで。

Check  
iOS 4.2 で可能になった事の感想まとめ(iPad編)
http://applembp.blogspot.com/2010/11/ios-42-ipad.html

iPhone / iPad
 iPod touchやiPhone、iPadには「iOS」というOSが入っている。「OS」というのを「脳みそ」にたとえる人もいれば、「指揮官」にたとえる人もいるけれど、「オペレーション・システム」の略だと言えば、なんとなくわかるんじゃないかなぁといつも思っている。Windows 7やMac OS 10.6みたいなやつもOSであり、つまり昨今利用者うなぎ登り中の皆さんのお手元にあるiPhoneなんてのは、もはや携帯電話ではなく、ちゃぃちぃのコンパソなのであるよ。
アップルCEOスティーブ・ジョブズ
さて、そんな「iOS」のバージョンが4.1から4.2にアップグレードした。

ちなみに、iPhone 4を手にしながら、「なんで4なんだ?」と首を傾げていたあなたへ。
iPhone 4の「4」はiOSが「4.x」だからだぞ! 全く、大丈夫かな。
ということで、今回iPod touch、iPhone、そしてiPadのOSがバージョンアップした。OSがバージョンアップすると言うことが何を意味するか、つまり「できることが増える」と考えて良い。

んで、iPad。誰も使てないiPadもその恩恵を受けている。
こういった情報はたくさんの人が拡散させておかなければ、のちにiPadを持つ人間が困るようになる。マイノリティの使命として、記しておこうと思う。

『iPadで新しくできるようになったこと》

記事によると、iPadでは下記の点が新しく追加された機能だそうだ。

『フォルダ』ホーム画面でのアプリ管理が楽
『マルチタスキング』アプリ間の移動が便利
『AirPrint』iPadからプリンタが無線
『AirPlay』iPadからApple TVやAirPlay対応デバイス
『iPhoneを探す』の無料化
『50音キー』キーボードの追加

1)『フォルダ』ホーム画面でのアプリ管理が楽に

iPadのホーム画面には、iPod touch、iPhone同様たくさんのアイコンが並んでいるのだけれど、それらを自分の好きなグループごとに「フォルダ」に格納して画面を整理できるようになった。これはありがたい。ゲーム系のアプリは「ゲームフォルダ」を作成し、そこに全部放り込んでいけばいいし、他も同様である。正直、僕がよく使うアプリのアイコンが似ていて間違うことが多いのである。なんで、僕の好きなアプリのアイコンってみんな青いんだろう。

2)『マルチタスキング』アプリ間の移動が便利に

これまでのiPadは『マルチタスキング』の反対である『シングルタスキング』であった。
これが何を指しているのかというと、『シングルタスキング』というのは、1回につき、1個のアプリケーションしか実行できないという意味である。例えば、iPadでSkypeをしていて、相手がワケのわからんことを言うてきたとき、もしくは「明日、京都に14時に着くにはそっち何時に出なアカンの?」などと尋ねられた場合、これまでであれば、一旦Skypeを閉じて、他の「Safari」などのアプリを立ち上げて、辞書を使ったり、乗り換え案内で調べたりして、もう一回Skypeからかけ直すということしかできなかったのである。

これからは、複数のアプリケーションを同時に立ち上げておくことができるため、Skypeしながら調べ物したり、Twitterを横目で見ながら、映画を観たり漫画を読んだりできるのである。

マルチタスク化はiPadユーザ(僕の知るところでは、僕と、僕の友達の弁護士の2人)の積年の願いであったので、素直にうれしい。

3)『AirPrint』iPadからプリンタが無線で

ついに、iPadからプリントアウトが可能になった。
僕の家はパソコンが一台しかないにもかかわらず、室内に無線が飛んでいて、プリンタは無線LANにつながっているため、僕の家に来た人は、僕の家のネットワークに参加すれば、持参した自分のノート型パソコンなどで、離れた場所からでも簡単にプリントアウトができていた。僕の家に立ち寄って、プリントアウトだけして帰っていった奴もいた。しかし、僕は、自分のiPadなのに、その中身を印刷したい場合、これまでは一旦メールでMacに送って、それから印刷するしか術がなかった。悲しかった。それがiPadからダイレクトにプリントアウトできるのである。うれしい。

ちなみに、我が家でパソコンやiPadが無線ネットワークを探すと、一覧に、必ず「Pockemon center」というパスワードで保護されたネットワークが表示される。先日、試しにパスワード欄に「Pikachu」と入力してみたら簡単に接続できた。ネットワーク名はスタイリッシュに、パスワードは堅牢に。肝に銘じたいものである。

4)『AirPlay』iPadからApple TVやAirPlay対応デバイスに

AppleTV
『AppleTV』という製品がある。パソコンを使わなくても、テレビにコイツを接続すれば、テレビ経由で音楽や映画のダウンロードができるという製品だったのだけど、まず日本のiTMSは当時映画を取り扱っていなかったし、オレ、パソコン持ってるし、ということで、全く興味がなかったのだけれど、現在、iTunesの中にある動画、映画をテレビに無線で飛ばすことができるようになり、また価格が4万円近くしていたのに、現在は1万円を切っていて非常に気になる存在である。
そして、iPadはそのAppleTVにiPadも対応したのである。
要するに、iPadに入っている動画や音楽をAppleTV経由でテレビから流すことができるようになったのである。

AppleTVに限らず、AirPlay対応のコンポ類であれば、無線で音楽を飛ばせる。パソコンルームのiTunesを再生したら、リビングルームに音楽が流れるとか、そういうことができるのである。また、iPod touch、iPhone、iPadには『Remote』というApple純正の「iTunesリモコン」があるので、パソコンルームに戻って、曲を選び直したりしなくても、リビングルームのソファでパソコンルームのiTunesを操作できる。そこにAppleTVが参加すれば、パソコンルームのiTunesの動画をテレビに表示させ、手元も『Remote』でそれらを操作することも可能なのである。

まぁ、iPadでそれができるようになるメリットはあんまりよくわかんないけどね。
iTMSで借りてきた映画を出先ではiPadで観て、帰宅してからはそのままテレビに映し出せるとか、そういうことができるということなんだと思う。つまり、Appleは今、確実にテレビを狙ってきている。

5)『iPadを探す』の無料化。

iPadを失くしたときに探してくれるサービスが無料になったということなのだけど、iPadって、あんまり失くさないよね、でけぇもん。でも、そう思い込んでいるとき限って失くすから、こういう機能を始めから実装しておいた方が良い。

僕はApple製品を買うときは必ず「ケアサポート」っていう9,800円くらいとられる保証サービスに加入する。
今まで何度これに助けられたことか…。

6)『50音キー』キーボードの追加

通常、パソコンのキーボードはQWERTYキーという特別な配列で並んでいるけれど、これが50音順に並びかえるようにできるようになったらしい。
まぁ、正直必要ないけれど、僕はiPadはお年寄りが持った方が良い」派の人間なので、お年寄りに優しいこの新機能はアリだと思っている。子供には不要である、というか使わせてはいけない。どうせそのうちQWERTYキーに慣れないといけないんだから、楽すんな。

以上が今回のアップデートの全容である。

いつも思うのだけど、iPhoneを我先に購入している人は、いったいどれだけの機能を使っているのだろうか。
嫌味を言うつもりではないのだけれど、iPhoneをろくに使えてない人に「お前もiPhoneにせぇって、ええぞぉ、iPhoneは」と言われるとなんか腹が立つ。iPhoneと僕の利害が一致していないから、僕はiPhoneを使っていないのである。黙っていていただきたい。

しかもきゃつらときたら、自分のiPhoneの絶賛ばかりで、僕のiPadの良さには全然耳を貸してくれないんだもん。

もう、あっかんべー。

向後、iPadをより深く知っていって、部屋中にApple Networkを完成させたいと思う。
その暁には、一本映画でも撮って、無線で、全部屋で上映してやろう。

そういえば、友人から結婚式のスライドショーの制作を依頼された。
素人の僕に白羽の矢が立った理由を訊けば、「ずっとMac使ってるやろ?」とのこと。
そんだけで、生涯でも大切な結婚式の、その中でも大切なイベントを、素人に依頼するだなんて、これだから友達はかけがえがない。徹夜で頑張ろうと思う。

ATH-CK100
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン 
ATH-CK100

オーディオテクニカ 2008-11-21
売り上げランキング : 4802

Amazonで詳しく見る by G-Tools




人気ブログランキングへにほんブログ村 その他日記ブログへ

2種類のランキングに参加中です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

0 コメント:

コメントを投稿